PLANKO

定期的なコントロールにより実現する
高い加工品質

機械での加工プロセスにて、素材の破片や粒子とクーラントにより発生した粘着物質が、ツールおよびシステム コンポーネントを、固着させてしまう場合があります。特に、ツール表面の汚れは、危険です。ほんの 1/100 mm の異物でさえも、ツール クランプにおいてズレが生じたり、ツールの軸がずれたりする可能性があります。

確かな加工を保証するには、装置表面を監視する必要があります。センサーシステム PLANKO により、OTT-JAKOB は、装置コントロールの全く新しいコンセプトを、打ち出しました。特許取得測定技術により、高周波レーダー電子装置を使用して、㎛ まで正確な距離測定が可能になります。

システムの基盤となっているのは、スピンドルチップに内蔵されたレゾネーター、ケーブル、コネクターから成るコンパクトな自動電子装置グループです。回転中、レゾネーターの連続的なモニタリングにより、装置の状態を特定します。ヘッドにて、現在の測定結果と、事前に定義され、内部に保存されている参照値が、比較されます。参照値との偏差が検知された場合、比較シグナルにより測定データが特定され、コントロールユニットに転送されます。

PLANKO