パワーチェッカー

信頼できるのも、確かな測定があってこそ。

安定した、精度の高い加工を保証するため、工作機械技術の品質安全にとって、クランプ力の監視が絶対不可欠です。クランプ力が低いと、長期的に次のような影響が出る可能性があります:

  • 振動による粗悪な表面加工
  • ツールの摩耗促進、耐用年数の短縮
  • マイクロ ムーブメントによるスピンドル テーパーの腐食
  • ツールの破損
  • 機械の中断
  • 機械操作者の損傷の危険
OTT-JAKOB Produkte - Power-Check - パワーチェッカー
Power-Check - Bild 1

パワーチェッカー
2

Power-Check - パワーチェッカー <strong>マガジン</strong>

パワーチェッカー マガジン

Power-Check - レシーバー

レシーバー

パワーチェッカー 2

OTT-JAKOBパワーチェッカー 2 は、クランピング システムのクランプ力を測定するための検査器です。各インターフェースの測定の最高の精度を保証するため、4 種類のベースバージョンを用意しました。



OTT-JAKOB - Power-Check - Technische Daten - <strong>パワーチェッカー 2</strong>
OTT-JAKOB - Power-Check - Technische Daten - <strong>パワーチェッカー 2</strong>

全ての一般的なツール インターフェースのために、OTT-JAKOB では、交換可能なアダプターを提供しています。さらに、製品プログラムには、マガジン ポジションから装置の交換ができる、自動グリッパー グルーブ装備アダプターも含まれています。オプションの無線モジュールと*組み合わせることで、ワイヤレスにて OTT-JAKOB レシーバーに、測定値を転送することができます。また、パワーチェッカー 2 には、4000 個のデータセットを保存することができるスペースが存在します。データセットは、USB インターフェース、および製品内容のソフトウェアにて、読み取ることが可能です。



パワーチェッカー ソフトウェアのダウンロード

内蔵型調整スリーブにより、測定プロセスにおけるツールの許容偏差に、配慮することができます。同時に、クランピング システムのポジション モニターのプログラミングに必要な、ツールの最小、最大偏差のスティミュレ―ションとして、機能させることも可能です。

* 購入不可能な国もあります。ご確認ください。

パワーチェッカー
マガジン

全自動クランプ力測定 – パワーチェッカー マガジン OTT-JAKOB のパワーチェッカー マガジンは、クランプ力を監視するための低価格なソリューションです。測定結果は、ワイヤレス接続で、レシーバーに送信されます。この特性により、アクセスが困難な機械の測定や、インダストリー 4.1 での自動化に、最適です。 パワーチェッカー 2 と異なり、パワーチェッカー マガジンのアダプターを交換することはできません。装置は、ユニットとして納品されます。2 年、あるいは 30000 回のプロセスを実施することができる耐用年数のバッテリーこそが、製品の素晴らしい耐用年数の理由です。保護クラス IP69 により、困難な環境でも信頼できる機能性が、保証されています。

OTT-JAKOB - Power-Check - Power Check Magazin - <strong>パワーチェッカー</strong> <br>マガジン

レシーバー

データ送信の最適なソリューション

パワー モニター

パワー モニターは、OTT-JAKOB パワーチェッカー もしくはパワーチェッカー マガジンから送信されたデータを、受信します。専用のソフトウェアにより、複数の送信機の測定値を、随時ディスプレイに表示し、保存することができます。パワーモニターは、バッテリーにより駆動しているため、現場の状態に左右されず、使用することが可能です。ユーザーフレンドリーな構造により、データ モニターを快適に、簡単に実施することができます。

Produkte / Power-Check - Empfangseinheiten - パワー モニター
Produkte / Power-Check - Empfangseinheiten - バス アンテナ RS485

バス アンテナ RS485

OTT-JAKOB バス アンテナ RS486 は、クランプ力を定期的に監視するために、考案されたものです。ワイヤレス パワーチェッカー 送信機からの測定値を、受信します。コントロール ユニットへ接続することで、受信データの自動処理を行うことが可能です。数値の表示は、デジタル、もしくはアナログで行われます。